レーザーなどで完治出来る

顔

種類を問わずに肌を再生

実は肌に出来るニキビによるクレーターの種類は複数あり、それぞれで対処法が違ってきます。種類としてはアイスピックタイプ、ローリングタイプ、ボックスタイプなどがあり、これら全てに対応可能な美容整形や美容皮膚科などによる治療が現在は人気があります。これらの種類のクレーターはセルフケアだけでは完治させるのは困難です。例えばアイスピックタイプのクレーターは真皮よりもさらに深部に達しているので、皮膚を均質に再生させるのは自力では難しくなります。そこで美容整形、あるいは美容皮膚科が頼りにされており、様々なクレーターの種類や症状に応じて適切な治療をしています。レーザーやピーリングといった比較的短時間で終わる治療が多いのも人気の理由です。

原因と正しいケア方法

ニキビの跡がクレーターになるケースは珍しいものではなく、多くの人が肌の悩みとしています。そしてニキビには複数の種類があり白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビなどがあります。この中でも厄介な存在が赤ニキビであり、いわゆる炎症ニキビとも呼ばれクレーターの原因ともなりやすいので、原因とケアの方法を知ることが大切です。肌がニキビによって炎症を起こすと、表皮だけでなく真皮部分までダメージがいくことがあります。その際に新陳代謝が均質に行えなくなり、肌が凸凹となりクレーターが出来ます。一度出来てしまったクレーターは、自然治癒が困難です。そこで美容整形や美容皮膚科の治療を受けることで、解消可能です。これらの医療機関ならば、レーザーやピーリングなどを使い、肌の再生を主眼に治療をしてくれます。