レーザー治療などの施術

ボディ

クリニックでの注意点

若い時に刺青を入れてしまった後に結婚や子供が生まれたことをきっかけにして、刺青を除去したいと考える人が増えている状況があります。現在、刺青は美容外科クリニックなどのレーザー治療で消してしまうことが可能となっているからです。クリニックで刺青の除去を行う時には、衛生状態のよい、信頼できるクリニックで刺青除去の施術を受けるようにしましょう。また、刺青の色によっては、使用するレーザーで除去できない可能性があります。予め、治療を受けるクリニックに、自分の刺青の色に対応しているレーザーを導入しているのか確認をしておくことが重要です。

大きさによって違う治療法

刺青の除去の施術は刺青の大きさなどによって、施術方法を選ぶことになってきます。刺青の大きさが小さい場合には、外科的な切除によって除去することが可能です。外科的に切除をすると、痕跡を残らないようにできるというメリットが出てきます。また、切除による方法は施術時に麻酔が必要となってきます。そのため、手術中は痛みを感じなくてすみます。刺青が広い範囲に渡っている場合には、レーザーによる施術が行われます。レーザーによる施術は痛みが少ない傾向にあることから、人気の治療法になっています。レーザー治療においては、3回から5回に分けて行われる特徴があります。また、一度治療を行うと皮膚の回復を待つために、3カ月程度は間をあけることになります。なお、施術後の日にはシャワーを浴びることができ、翌日には入浴することも可能となります。